TONE CATALOG No.1701
482/588

POWER DIGITORQON/POWER WRENCH安全にご使用いただくために  For safe use /工具を安全にご使用いただくために、以下の注意事項と個別記載の注意をお読みください。お買い上げいただいたあとは、必ずご使用前に、製品に付属の取扱説明書をお読みいただき、いつでも読めるように大切に保管してください。TONEの工具は正しい用途と正しいご使用方法で長期間ご愛用願います。For safe use, read following instructions carefully before using tools. Read and fully understand all contents in instruction manual before using tools. Keep the instruction manual in designated place for easy and quick reference. 警告 WARNING ●高所作業では必ず落下防止の処置をしてください。(図1) ●過大入力などの原因によりレンチが破損した場合、または 反力受が外れた場合はレンチが落下しますので落下防止の 処置をしてください。 Beware of fall down accidents when working at a high place. (fig.1) Prepare devices not tofall wrenches down. ●動力工具での入力はできません。(図2) ●入力に動力工具(インパクトレンチ・電動レンチ)を使用 しますと、正しく出力トルクがでなく、レンチの焼付きや 事故の原因になります。 Do not input with power tools. (impact or electric wrenches) (fig.2) ●正しく入力してください。(図3)入力側のラチェットハンドルやトルクレンチをハンマーで叩いたり、付属以外のパイプを継ぎ足しての過大入力はしないでください。●正しい出力トルクがでなく、レンチの故障やけがの原因になります。Input power correctly by using your hands. Do not bang torque wrenches and ratchethandles. Do not use extension pipe also. (fig.3) ●反力受は安定した箇所に正しくあててください。(図4) ●反力受をあてる部材は出力と同じ力を受けますので、固くて変形 しない箇所を選んで正しくあててください。万一、傷つきやすい 箇所しかない場合は、緩衝板(鉄板など)で保護し安定させてから 作業をしてください。 Set reaction bars correctly on a stabilized reaction member. (fig.4) Since the reaction member receives the same force as output force, choose a rigid object as reaction member. ●反力受は回転しますので、その付近に手や指、足などを近づけな いでください。 Do not get in the rotating circle of reaction bar in order to avoid accidents. ●ラチェットハンドルまたはトルクレンチの回転半径内に身体を入れ ないでください。(図5)負荷を中止すると、同時にラチェットハン ドルまたはトルクレンチ自体が逆転しますので注意してください。 中止する場合はゆっくりもどしてください。 Keep away from the rotating circle of ratchet handle or torque wrench. This is because the ratchet handle or torque wrench turn back slowly when stopping to input power. (fig.5) 図1 fig.1 図2 fig.2 図3 fig.3 図4 fig.4 図5 fig.5 480

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 482

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です