TONE CATALOG No.1701
520/588

TATEKATAICHIBAN中継ケーブル全長2500φ73φ57φ4947522414267260429185797284φ73中継ケーブル全長250018044512413459258427807284φ68φ56φ49452425φφφ68φφφ56φφφ491次締め専用レンチ コーナー型建方1番 (トルシアボルト用)CORNER TATEKATAICHIBAN1次締め専用レンチ コーナー型建方1番 (トルシアボルト用)CORNER TATEKATAICHIBAN高力1次締       M27・M30(S10T)高力1次締 M16・M20・M22・M24(S10T)高力橋梁予備締60%   M22(S10T)超高力1次締 M20・M22・M24超高力1次締 M16・M20・M22トルシア形高力ボルト&超高力ボルト用1次締め専用レンチのコーナー型。レンチ全長は142mmで、橋梁などのUリブ部、トラス部や補修工事、耐震補強工事など標準機では使えない狭い箇所の1次締めに対応。ボルト軸回り防止機構付(ナット回転型)。高力ボルトの橋梁予備締(60%)、トルシア形超高力ボルトの1次締付けにも対応。300~500N・mの範囲で任意の締付けトルク調整が可能。トルシア形高力ボルト&超高力ボルト用1次締め専用レンチのコーナー型。レンチ全長は134mmと短く設計、橋梁などのUリブ部、トラス部や補修工事、耐震補強工事など標準機では使えない狭い箇所の1次締めに対応。120~300N・mの範囲で任意の締付けトルク調整が可能。300~500N・m(目安)トルク設定ダイヤル ● 高速締結の為、停止時の反力が多少大きくなります。ご注意ください。 ● 2度締め、ルーズ締めはしないでください。 ● 同一ボルトを繰返し締付けますと、レンチの寿命を短くするだけでなく故障の原因になります。M22用ソケット装着寸法図M22用ソケット装着寸法図120~300N・m(目安)トルク設定ダイヤルGCS501TGKSC251※ 本体質量に、ソケット、コード線は含まれておりません。※1 繰返締付精度:同じトルク設定・作業条件で締付けた際の締付けトルクのバラツキを%で表したものです。※ 本製品は意匠登録済みです。仕様製品番号周波数(Hz)電圧単相(V)最大電流(A)最大消費電力(W)適応ボルトサイズ無負荷回転数(min-1[rpm])トルク制御範囲(N・m)精度(%)本体質量(kg)制御器備考GKSC251GKSC25250-6010020013.5 6.51,300高力(S10T):M16・M20・M22・M24超高力:M16・M20・M2233120 ~ 300±5※14.1外付けボルト軸回り防止機構付GCS501TGCS502T50-6010020016.0 8.01,550高力(S10T):M27・M30高力橋梁(S10T):M22超高力:M20・M22・M2430300~500±5※14.3外付けボルト軸回り防止機構付付属品製品番号インナーソケットアウターソケットレバーソケットドライバー取扱説明書メタルケース備考GKSC251GKSC252M22 用(222TA) 1M22 用(KSM22) 1―(-)ドライバー 1(-)ベビードライバー 1(トルク設定ダイヤル調整用)○○M16用ソケット(インナー:216TA、アウター:KSM16)はオプションです。M20用ソケット(インナー:220TA、アウター:KSM20)はオプションです。M24用ソケット(インナー:KS24T、アウター:KSM24)はオプションです。GCS501TGCS502TM22用(222TA) 1M22用(KSM22) 1―(-)ドライバー 1(-)ベビードライバー 1(トルク設定ダイヤル調整用)○○M20用ソケット(インナー:220TA、アウター:KSM20)はオプションです。M24用ソケット(インナー:KS24T、アウター:KSM24)はオプションです。M27用ソケット(インナー:227T、アウター:KSM27)はオプションです。M30用ソケット(インナー:KS30T、アウター:KSM30)はオプションです。※日本市場専用カタログです。/Only for Japanese market.製品番号GCS501T/GCS502T製品番号GKSC251/GKSC252電動電動518

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 520

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です