TONE株式会社

HOME > レースレポート > その他 > スーパー耐久シリーズ2016 第4戦 富士 SUPER TEC

イグニッションに電流が流れたとたん、雄叫びを上げるエンジン。
抑えきれないほどの鼓動の高まりをその場にいる者すべてが感じる瞬間。
TONEは、モータースポーツを応援しています。

2016年9月23日

スーパー耐久シリーズ2016 第4戦 富士 SUPER TEC

最長のS耐富士9時間レース

9月3日〜4日に富士スピードウェイにてスーパー耐久第4戦富士9時間レースが開催されました。

TONEスタッフのレースレポート

スーパー耐久シリーズは今年から、STXからST3クラスまでのグループとST4クラス・ST5クラスグループによる2レースを実施します。シリーズ最長の富士9時間レースは、全クラスが一斉スタートする形式をとり、合計65台ものS耐マシンが富士スピードウェイに集まりました。

ST5クラスに出場しているodulaデミオ15MBは、スタート直後に判断ミスからSTXクラスのマシンと接触。ボディワークにダメージを負っただけでなくペナルティを受け、後方に沈みます。
それでも211周を走りましたが、終盤に駆動系にトラブルが発生し、リタイヤとなりました。

スーパー耐久シリーズ2016
第1戦:4月2日(土)3日(日)ツインリンクもてぎ
第2戦:5月14日(土)15日(日)スポーツランドSUGO
第3戦:6月11日(土)12日(日)鈴鹿サーキット
第4戦:9月3日(土)4日(日)富士スピードウェイ
第5戦:10月22日(土)23日(日)岡山国際サーキット
第6戦:11月19日(土)20日(日)オートポリス

SuperTaikyu|スーパー耐久オフィシャルサイト
www.supertaikyu.com/

レースで活躍するTONEの工具

レースのピットでは、丈夫なTONEのキャビネットにパーツや工具を満載して全国のレースに参戦しています。

ローラーキャビネット
製品モデル:WS207
  • 硬質ゴムを使用した大型幅広キャスターの採用により安定した移動が行えます。
  • 車輪回転と首振り旋回には同時にストッパーがかかるダブルストッパー機構を採用し安全性も向上!
  • ボールベアリング式ダブルレール採用により、引出しの開閉がスムーズで、重量物の収納に最適です。

製品について詳しくはこちら

メインコンテンツに戻る

Copyright © TONE CO., LTD.