TONE株式会社

HOME > レースレポート > SUPER GT > 2016 AUTOBACS SUPER GT Round 8 MOTEGI GT GRAND FINAL(Round 3を併催で実施)

SUPER GTは日本を代表する国内最高峰のモータースポーツ。
「GT500」と「GT300」というパワーの違うクラスの車両を混戦させて
レースが行われる。

2016年11月15日

2016 AUTOBACS SUPER GT Round 8 MOTEGI GT GRAND FINAL(Round 3を併催で実施)

SUPER GTのシリーズ最終戦は、特別の2レース

11月11日(金)・12日(土)・13日(日)、2016 AUTOBACS SUPER GT Round 8 MOTEGI GT GRAND FINAL(Round 3を併催で実施)がツインリンクもてぎにて開催されました。

TONEスタッフのレースレポート

SUPER GT第3戦は今回のレースは練習と予選共に雨だった為、ウォームアップはスリックタイヤの確認を実施。
スリックタイヤの手応えは良く、結果ウォームアップを7番手で終えることが出来た。

SUPER GT Round.3はウォームアップよりも気温及び路温が上昇。
スタートドライバーは阪口選手。15番手でスタートし、順調にポジションを上げ、表彰台圏内を走行し、34周目に吉田選手へタイヤ無交換で交代。
ドライバー交代後、7位で走行し、1周目アウトラップで後続で競っていた車両に激突され、コースアウト。エンジン再始動が直ぐに出来ず、大きく順位を落とした。
何度もエンジン再始動を試み、コース復帰したが、既に2周遅れ。
しかし、チームは諦めず、22位でチェッカーを受けた。

SUPER GT第8戦 最終戦は吉田選手がハンドルを握り、4番手のポジションからレーススタート。
オープンラップで2つ順位を落としてしまったが、その後は順調に走行。
18周目 2回目のGT500の集団に追い抜かれるタイミングでピットイン。
GT500の集団に追い抜かれる事よるタイムロスを防ぐ、尚且つ路面温度が昨日よりも若干高く、タイヤに厳しい状況の為、後半には温度が下がる事も想定し、予定より早めのピットインとなった。
ピットでは四輪タイヤ交換・給油を行い、スタートした時には一時19番手までポジションを落とした。
しかし、第2走者の阪口選手が粘り強い走りをし、徐々に順位を上げ、シーズン最高位の8位でチェッカーを受けた。

2016 AUTOBACS SUPER GT
Round1(第1戦・第2戦):4月9日(土)10日(日)岡山国際サーキット
Round2(第3戦・第4戦):5月3日(火)4日(水)富士スピードウェイ
Round3(第6戦):11月11日(金)12日(土)ツインリンクもてぎ
Round4(第7戦・第8戦):7月23日(土)24日(日)スポーツランドSUGO
Round5(第5戦・第9戦・第10戦):8月6日(土)7日(日)富士スピードウェイ
Round6(第11戦・第12戦):8月27日(土)28日(日)鈴鹿サーキット
Round7:10月8日(土)9日(日)チャン・インターナショナル・サーキット
Round8(第13戦、第14戦):11月11日(金)13日(日)ツインリンクもてぎ

super GT
https://supergt.net/

レースで活躍するTONEの工具

下回りの整備に広範囲を明るく照らすLEDワークライトを
使用しています。

LEDワークライト
LT02WPC

雨風や砂塵などの厳しい環境にも耐える防水・防塵性能を備え、夜間作業、自動車整備やキャンプなどのアウトドアレジャーなど幅広い用途で活躍。
白色LEDを66灯搭載。長寿命のバッテリーにより2000回の繰返し充電が可能。

製品について詳しくはこちら

メインコンテンツに戻る

Copyright © TONE CO., LTD.