TONE株式会社

MENU

HOME > レースレポート > D1 Grand Prix > シリーズチャンピオンの栄冠はだれの手に!

速さを競うだけではなく。
ドリフト走行の生み出す迫力や芸術性が勝負を分ける。
車体を滑らせ続ける過酷なレースの一端をTONEの工具が担う。

2021年2月5日

シリーズチャンピオンの栄冠はだれの手に!

波乱万丈のシーズンが終わりました。

2020 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES Rd.7&8 TSUKUBA
2021年1月30日(土)・31日(日)

TONEスタッフのレースレポート

2020 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES Rd.7&8 TSUKUBA
2021年1月30日(土)・31日(日)の2 日間、
茨城県の筑波サーキット・コース2000にて開催されたTSUKUBA DRIFT

シリーズチャンピオンの栄冠はだれの手に!
最終戦として、茨城県の筑波サーキットで開催されたTSUKUBA DRIFT。
30日の第7戦、31日の第8戦は、シーズン閉幕にふさわしい、激しい戦いが繰り広げられました。

D1 GRAND PRIX SERIESは、コロナウイルスの感染拡大によって大幅に開催スケジュールが変更され、まさに波乱万丈のシーズンでしたが様々な熱いレースが繰り広げられ、熱いバトルに感動しました。
TONEは、D1のスポンサーとして、モータースポーツを応援することを通じて、工具の魅力をもっと伝えたいという思いを抱いて、今後も応援してまいります。

■D1GP 2021年シーズン ドライバーズランキング
1.小橋正典(LINGLONG TIRE DRIFT Team ORANGE)
2.横井昌志(NANKANG TIRE DRIFT TEAM D-MAX)
3.藤野秀之(Team TOYO TIRES DRIFT – 1)
4.日比野哲也(SAILUN TIRE SUNRISE)
5.中村直樹(Crystal H.E VALINO N-style)
6.川畑真人(Team TOYO TIRES DRIFT – 1)
7.末永直登(LINGLONG TIRE DRIFT Team ORANGE)
8.田中省己(SEIMI STYLE DRIFT SAILUN TIRE)
9.齋藤太吾(FAT FIVE RACING)
10.松山北斗(FAT FIVE RACING)

◆2021年シリーズは4月24日に奥伊吹で開幕、奥伊吹2回を含めた年間10戦で開催予定
第1戦&第2戦 4月23日(金)~ 25日(日) 奥伊吹モーターパーク 滋賀県
第3戦&第4戦 6月25日(金)~ 27日(日) 筑波サーキットコース 2000 茨城県
第5戦&第6戦 8月20日(金)~ 22日(日) エビスサーキット南コース 福島県
第7戦&第8戦 10月1日(金)~3日(日) 奥伊吹モーターパーク滋賀県
第9戦&第10戦 10月29日(土)~ 31日(日) オートポリス国際レーシングコース 大分県

レース活動にも積極的なTONEは、レースで培った厳しい製品テストやノウハウを生かした新たな製品、工具の新たな改善点など全ての経験をTONE製品開発の場に活かされています。

レースでも活躍する「工具」をご紹介します。
今回はものづくりのプロも愛用する「六角棒レンチ」

TONEでは、高トルク、耐久力、耐摩耗性を高める特殊合金鋼を採用しています。
高度な熱処理とメッキ処理により、六角部の摩耗を防ぎ、高強度でありながら靭性(破断しにくい)を高め、確実な作業と安全性が人気で長年に渡り、様々な分野で愛用されています。

TONEの工具は、様々なチームで使われています。
TSIQ2072

VJVN6986

FTMM8486

ACFU8514

BALO2200

メインコンテンツに戻る

Copyright © TONE CO., LTD.