TONE株式会社

MENU

HOME > レースレポート > MFJ > 全日本ロードレース選手権シリーズ 第1戦

全日本ロードレース選手権は、全国のサーキット舞台にタイトルを争う国内最高峰のロードレースシリーズ。
最高速度時速300km にも達するライダーたちのバトルは観る人を圧倒します。

2019年4月9日

全日本ロードレース選手権シリーズ 第1戦

鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦決定!!
さらにポイントゲット!!

2019 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第1戦 スーパーバイクレース in もてぎ

TONEスタッフのレースレポート

公式予選とJSB1000クラスのレース1決勝、JP250クラスの決勝ですが、
JSB1000クラス レース1は鈴鹿8耐出場をかけたトライアウト対象レースでもあります。
昨年の8耐実績によりシード権を持っているチーム以外は、
全てこのトライアウトレースで結果を残さなければ
鈴鹿8耐に参戦する事ができないのです。

8耐トライアウトに挑戦するチームは今回は15チーム、その中で上位
5台に入れば8耐出場権獲得となります。

8耐トライアウト対象マシンは、ステッカー貼って走ります。

好天に恵まれた公式予選、まずは朝一にJP250クラスの予選が行われました。
#27石井千優選手は自己ベストを更新して12位(インタークラス7位)

そしてJSB1000クラス予選、星野選手は1分51秒547でレース1は17番手からのスタートとなりました。

JSB1000クラス決勝Race1、#46星野選手は落ち着いた走りで15位
フィニッシュしポイントをゲットしました。
そして8耐トライアウトも2位で通過、出場権をゲットしました合格

JSB1000クラスRace2、星野選手は好スタートを決めて一気にポジションアップ、
3台でのバトルを制し最後は14位でチェッカーを受け、
2戦連続のポイントゲットとなりました。

続いて行われたJP250クラスの決勝レース
#27石井選手も頑張りました!結果は総合11位、インタークラス6位。

レースで活躍するTONEの工具

メインコンテンツに戻る

Copyright © TONE CO., LTD.