TONE株式会社

MENU

HOME > レースレポート > MFJ > 2020 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦 スーパーバイクレース in 九州

全日本ロードレース選手権は、全国のサーキット舞台にタイトルを争う国内最高峰のロードレースシリーズ。
最高速度時速300km にも達するライダーたちのバトルは観る人を圧倒します。

2020年10月14日

2020 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦 スーパーバイクレース in 九州

2台体制で挑むTONE RT SYNCEDGE 4413 BMW

2020年9月19日(土) 公式予選 天候:晴れ
2020年9月20日(日) 決勝レース 天候:晴れ
開催場所:大分県 オートポリスインターナショナルレーシングコース(1周=4.674km)

TONEスタッフのレースレポート

2020年日本ロードレース選手権第3戦が大分県オートポリスで開催された。
第2戦の岡山大会が台風接近により関係者・来場者の安全を優先して中止となった為、今年2戦目の開催となったオートポリス大会。 サーキットの場所が山の上に位置するため霧の影響を受けやすく、今年も金曜日の天候が悪く一日霧に包まれてしまい視界不良のため走行ができなかった。今回はレギュラーライダーの星野 知也選手に加え、渥美 心選手がスポットで参戦したが、 渥美選手は2019年4月の鈴鹿2&4以来のスプリントレース参戦となった。
<ST1000クラスレポート>

#46 星野 知也選手 予選 10位(1’52.608)→ 決勝7位
#95 渥美 心選手  予選 13位(1’52.928)→ 決勝12位

 

ピットで気になった工具は、旧モデルだったが使いやすい
と好評のグリップヘキサゴンレンチ。
新モデルは、グリップがブラックになってかっこよくなり、さらに
使いやすくモデルチェンジ!!
グリップ横の六角部でさらに強力な締付け可能で機能性も上がっています。

TONEのヘキサゴンシリーズは、耐久性に優れ
様々な分野で活躍しています。

_KT22162

名称未設定-3-03

名称未設定-3-02

flyer_263_ページ_1

https://www.tonetool.co.jp/products/flyer/flyer_263.pdf

メインコンテンツに戻る

Copyright © TONE CO., LTD.