TONE株式会社

MENU

HOME > レースレポート > その他 > D1Lights RD.6&7 右コーナーと天候に悪戦苦闘

イグニッションに電流が流れたとたん、雄叫びを上げるエンジン。
抑えきれないほどの鼓動の高まりをその場にいる者すべてが感じる瞬間。
TONEは、モータースポーツを応援しています。

2021年11月9日

D1Lights RD.6&7 右コーナーと天候に悪戦苦闘

右コーナーの特訓と想定外のトラブル

D1 LIGHTS SERIES Rd.6&7
BIHOKU 9月4日(土)・5日(日)
会場:備北ハイランドサーキット

TONEスタッフのレースレポート

今回のコースはTONEが応援する下田選手が普段走り慣れた左回りではなく右回りということで、綿密な走行練習を行いました。
タイヤの状態も見極め、最適なものを持ち込むという新たな挑戦を試みましたが、天候が芳しくないなかなんとかドライ路面で挑戦!
勢いよく飛び出しましたが、コースアウトしかけその修正に無理がかかり、2本目はハーフスピンしてしまいそのまま敗退となってしまいました。
第7戦は練習走行中にパーツが破損するアクシデントに見舞われ無念のリタイアとなりました。

TONEは、モータースポーツを応援することを通じて、

工具の魅力をもっと伝えるため
D1グランプリのオフィシャルスポンサーとして、このシリーズを応援しています。

2021年第6戦で優勝したのは

単走 永野 正持選手
追走 野々 英喜選手

単走 19位 下田 紗弥加選手

第7戦で優勝したのは、

単走 横田 卓三選手
追走 野々 英喜選手

単走 58位 下田 紗弥加選手

今後も工具の魅力をさらに伝えていきますので是非、会場に足を運んでレース観戦を楽しんでください。

レース活動にも積極的なTONEは、レースで培った厳しい製品テストやノウハウを
生かした新たな製品、工具の新たな改善点など全ての経験をTONE製品開発の場に活かされています。

【レースでも活躍する「工具」をご紹介】
安全・安心をTONEの工具がマシン、チームをサポートしています。
ステンレス工具に加え、メンテナンスではコンパクトセットが活躍!!

【電動ドライバー CHD21S】
電動で手動をアシスト!
誰でも簡単、お手軽にネジ締め作業が可能!!
先端を付け替えればソケットやヘキサゴンなどにも対応可能!!

CHD21S

メインコンテンツに戻る

Copyright © TONE CO., LTD.