TONE株式会社

MENU

HOME > レースレポート > その他 > odula TONE MOTUL ROADSTER

イグニッションに電流が流れたとたん、雄叫びを上げるエンジン。
抑えきれないほどの鼓動の高まりをその場にいる者すべてが感じる瞬間。
TONEは、モータースポーツを応援しています。

2022年6月22日

odula TONE MOTUL ROADSTER

長い24時間耐久レース

ENEOSスーパー耐久2022PoweredbyHankook第2戦NAPAC富士スーパー耐久24時間レース
富士スピードウェイ 6月4~5日

TONEスタッフのレースレポート

ENEOSスーパー耐久2022PoweredbyHankook第2戦NAPAC富士スーパー耐久24時間レース

エントリー名・・・odula TONE MOTUL ROADSTER
ゼッケン・・・66
クラス・・・ST-5
チーム代表・・・武地孝幸
Aドライバー・・・武地孝幸
Bドライバー・・・貫戸幸星
Cドライバー・・・猪股京介
Dドライバー・・・岡本大地
Eドライバー・・・高崎保浩
Fドライバー・・・上野大哲

6月2日 テスト走行
燃費などを計算しながら本番想定でエンジン回転数を制限、縁石には乗らない走行を練習しまし
た。
6月3日 予選 6位
24時間の予選なので、ポールを取れる速さも無かったので狙わずに抑えた走りをしまし
た.
6月4-5日 決勝 3位

序盤は6位ぐらいを走行しておりました。オイル類を24時間耐久仕様にしていたので、温度が上がるまでは、スピードがありませんでしたが、24時間を見据えると手応えはありま
した。途中で接触により電光のゼッケンが消えるトラブルがあり、ピットインして修理が必要で4周程を失ってしまいました。軽い接触で消えてしまうゼッケンは改善してもらい
たいです。朝になってからは3~4位を走行して、最後はペースを上げて2位を狙いにいきましたが、FCYなどにより時間切れ2位に30秒差で3位となりました。昨年はワンツーフィ
ニッシュをした事もあり、ドライバー、メカニック共に非常に落ち付きがあり、良いレースができていたので、優勝ができなかったのは残念ですが、大きなトラブルも無くしっか
りポイントを取れたのは、シリーズを考えると良かったと思います。菅生に向けてしっかり準備をしたいと思います。引き続きよろしくお願いいたします。
                         

メインコンテンツに戻る

Copyright © TONE CO., LTD.