TONE株式会社

MENU

HOME > レースレポート > その他 > 本山哲選手が、自らのチーム「TEAM MOTOYAMA」を新たに立ち上げ、監督としてTCRジャパンシリーズにフル参戦

イグニッションに電流が流れたとたん、雄叫びを上げるエンジン。
抑えきれないほどの鼓動の高まりをその場にいる者すべてが感じる瞬間。
TONEは、モータースポーツを応援しています。

2022年7月1日

本山哲選手が、自らのチーム「TEAM MOTOYAMA」を新たに立ち上げ、監督としてTCRジャパンシリーズにフル参戦

本山哲監督率いる TEAM MOTOYAMA が滝川聡選
手と共にTCRJ 岡山戦で自己ベストの6 位入賞!

TCRジャパンシリーズ2022年第1戦サタデーシリーズ&サンデーシリーズ
富士スピードウェイ 4 月8~10 日

TONEスタッフのレースレポート

本山哲選手が、自らのチーム「TEAM MOTOYAMA」を新たに立ち上げ、監督としてTCRジャパンシリーズにフル参戦

TCRジャパンシリーズ2022年第1戦サタデーシリーズ&サンデーシリーズ
富士スピードウェイ

スーパーGT 選手権や国内トップフォーミュラで幾多のチャンピオンに輝いた本山哲選手が、自らのチーム「TEAM MOTOYAMA」を新たに立ち上げ、監督として2022 年度TCR ジャパンシリーズにフル参戦しております。

4 月8~10 日に富士スピードウェイで開催された TCR ジャパンシリーズ第 1戦で本格的なレースデビューを飾った滝川聡選手ですが、第 2 戦が開催される岡山国際サーキットでの走行経験は皆無で、サーキットライセンスを取得するところから始まりました。忙しい仕事の合間を縫って岡山国際サーキットまで足を運び、ライセンス講習会を受講し、乗用車で走りこんでコースを覚えるところからのスタートです。
今回から TEAM MOTOYAMA のドライビングコーチ陣に加わったのがスーパー耐久シリーズに参戦し、某メーカーのドライビングインストラクターを務めている大谷飛雄選手。滝川聡選手の“レーサーとしてのポテンシャルをいかに短期間で向上させるか”をテーマに第 2 戦へのトレーニングを続けました。
今回は初の岡山国際サーキットということもあり、木曜日のスポーツ走行から練習を開始。暑さ対策のため、走行中に身体を冷却するクールスーツも導入、万全を期してレースに臨みました。
しかし木曜日の練習中には最終コーナー手前でスピンし、イン側のボードに前部を軽くヒットしながらグラベルストップ。金曜日の TCRJ 専有走行時間にも第 2 コーナーでオーバースピードの為コースアウトし、激しくスポンジバリアに突っ込むクラッシュを演じてしまいます。ドライバーを精神的に落ち込ませないよう、本山哲監督や大谷飛雄コーチ、そしてチームスタッフが滝川聡選手のメンタルケアをし、エンジニアやメカニ ックたちは短時間でマシンの修復を完了させ、土曜日の予選、決勝に向けて最後のスポーツ走行時間もあえて走らせることで、自信を取り戻させるようチームが一丸となって頑張りを見せました。そして滝川聡選手は6 月25 日土曜日のサタデーシリーズ予選で岡山国際サーキットでの自己ベストタイムとなる 1 分 42 秒 245 をマーク。8 番手グリッドを獲得し、エンジニアとの目標タイムをクリアすることで、チームスタッフの努力と期待に応えてくれました。
決勝レースは 23 分+1 周のレースフォーマットで実施されました。サタデーシリーズの決勝レースではライバルたちを追走することで次第にペースが上がり、オーバースピードでコースアウトしてしまうなどミスもありましたが、見事なリカバーで周回遅れになることなく 7 位でチェッカーを受けました。そしてレース終了後、車両規則違反で失格となる車両が出て、正式結果は 6 位入賞。チームとしての自己最高位を更新する結果となりました。6 月 26 日、日曜日の予選ではさらに自己ベストタイムを更新する 1 分 41 秒311 をマーク。タイヤの温め方やブレーキングでのタイムの詰め方を学んだことで、大きな進化が見られることとなりました。
午後0 時 10 分にスタートしたサンデーシリーズの決勝レースでは、スタート直後のヘヤピンで前のマシンをパスしたものの、再び抜き返されるなどバトルも経験。最後まで粘り強い走りを見せて 8 位完走。初の岡山国際サーキットで再び貴重なシリーズポイントを加算することができました。

メインコンテンツに戻る

Copyright © TONE CO., LTD.