TONE株式会社

MENU

HOME > レースレポート > SUPER GT > 2020 AUTOBACS SUPER GT Round3 FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE

SUPER GTは日本を代表する国内最高峰のモータースポーツ。
「GT500」と「GT300」というパワーの違うクラスの車両を混戦させて
レースが行われる。

2020年9月15日

2020 AUTOBACS SUPER GT Round3 FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE

SUPER GT 第3戦 熾烈な表彰台争いで抜け出したGAINER TANAX GT-Rが優勝!!

2020 AUTOBACS SUPER GT Round3 FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE
8月22日(土)・23日(日)
鈴鹿サーキット

TONEスタッフのレースレポート

2020 AUTOBACS SUPER GT Round3 FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACEが、
8月22日~23日の2日間にわたって、鈴鹿サーキットで開催。

セーフティカーが3度も出るという大混乱のレースで
GT300は11号車 GAINER TANAX GT-Rが優勝し、
第1戦の2位表彰台と合わせてポイントランキング首位。

国内最高峰レースでマシンを工具で支えるTONE。
実際のレースのタイヤ交換の時にエアーインパクトレンチ(高圧モデル)が
使われていました。
SUPER GTのホイールはスピーディなタイヤ交換の為に真ん中についている
ナット1個で止まっています。
ひとつのナットで確実に締結させなければならないので、規定締め付けトルクが
とても高く。強く締めないといけません。

最大空気圧を従来品の0.62Mpaから2.5Mpaへ高圧化したエアーインパクトレンチで
回転スピードを上げ、タイヤ交換などタイム短縮に貢献しています。
この工具も市販品で販売されているんですよ。

レース活動にも積極的なTONEは、レースで培った厳しい製品テストやノウハウを生かした新たな製品、
工具の新たな改善点など全ての経験をTONE製品開発の場に活かされています。

今後もレースでも活躍する「工具」をご紹介します。

レースで活躍するTONEの工具

2R7A4295

DSC_0836

DSC_0963

AI8360R

エアーインパクトレンチ(高圧タイプ) AIR8360R カタログ情報はこちら

 

  • エアーインパクトレンチ(高圧タイプ) AIR8360R
  • メーカー希望小売価格: 600,000円
  • 常用最大トルク(N・m): 2500
  • 出力角(mm): 25.4(ピン穴付)
  • 無負荷回転数(min-1[r.p.m]): 7000
  • 使用空気圧(MPa): 2.5
  • エアー取入口: Rc1/4(PT1/4)
  • エアーホース内径(mm): 19以上

 

 

メインコンテンツに戻る

Copyright © TONE CO., LTD.