TONE株式会社

MENU

第26回
スピンナハンドル編

知っとかないTONE㉖

工具に関する情報を分かりやすくお届けする【知っとかないTONE!】の連載企画第26回を公開します。
この連載を読んで、 皆さんもTONE工具マスターになってください。

第26回目は、「スピンナハンドル編」
スピンナハンドルは、ソケットと組み合わせて使用します。
長さを利用して大きなトルク(回す力)が出せる便利な工具です。
強く固着したり錆付いてしまったボルト、ナットを緩める際にも便利。

【スピンナハンドルの特長・使い方】
差込角は柄の頭部にあるピンを中心に左右に90度屈折し、
任意の角度で使用できます

仮締めなどで早く回す時はハンドルを立てて使い、
ハンドルを横にすると強く緩め・締めができます。
また、障害物を避けて角度をつけた斜め作業も可能です。
しかし、狭い場所での連続作業には不向きです。

【スピンナハンドルの選び方】
長い方が小さい力でより大きい力をかけられますので
スピンナハンドルは長さ選びがポイントです。

差込角で数種類の長さが用意されていますので
使用用途にあわせて長さをお選び下さい。

【豆知識】
スピンナハンドルは、「ブレーカーバー」や「フレックスハンドル」とも呼ばれます。

・TONE 公式facebookサイト
新製品やセール情報、モータースポーツなどTONEの最新ニュースをイチ早く配信しています。
たくさんの「いいね!」や「シェア」をお待ちしております。
https://www.facebook.com/tonetool
・オフィシャルグッズショップ公式通販サイト
http://lockstore.jp/
・オフィシャルグッズショップ公式facebookサイト
たくさんの「いいね!」や「シェア」をお待ちしております。
http://www.facebook.com/lockstore.jp

メインコンテンツに戻る

Copyright © TONE CO., LTD.