TONE株式会社

MENU

HOME > トピックス > モタスポ応援隊長 D1GP編

トピックス 一覧に戻る

7月22日会社情報

モタスポ応援隊長 D1GP編

<*モタスポ応援隊長 D1GP編*>

TONEモタスポ応援隊長の塚本奈々美です。
今回は、例年より少し遅く開幕を迎えたD1GP2019筑波大会
(Rd.1:6月29日、Rd.2:6月30日)
でのTONEサポート選手&チームの大活躍をレポートを致します。
また、今季私はD1GPプロモーションディレクターに就任、D1GPの魅力を
外からだけでなく内側からもレポートしたいと張り切っていますので、
宜しくお願い致します。

1

さて、この開幕シリーズ、まさしく「TONEが主役だ!」と言っても過言ではない展開となりました。

2

まず、話題を一身に浴びていたのが、新型GRスープラで参戦した齋藤太吾選手。
トヨタがBMWと提携して開発されたGRスープラが、
ドリフトマシンとしてどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、ファンや
メディアも注目していました。そして、今季大会を通じてこのマシンが
どう進化し変貌を遂げるのか、興味は尽きません。

3

4

そして、斎藤選手と川畑真人選手の2台のスープラを追走ベスト16、ベスト8で撃破し、
早くも「スープラキラー」の異名が
付けられた日比野哲也選手が、ガルフカラーのS14で「日比野、復活!」をアピールしました。
日比野選手はRd.2でも単走優勝!

5

6

その勢いに乗る日比野選手と決勝戦で激突して勝利し、そしてRd.2も制したのが、
2018年、2019年のD1シリーズチャンピオン、
D-Maxの横井昌志選手でした。やはり、この人が今季チャンピオンの最右翼かと
周囲に強く印象付けました。

7

8

こうして筑波シリーズはTONEがサポートする選手、チーム一色の大会となり、
プロモーションディレクターとして会場を
走り回っていた私も、なんだかすごく誇らしい気分になりました。
また、激しいバトルの中、TONEの工具を使ってマシンを修復、セッティングするメカニックたちの
ピット作業にも感銘を受けました。
D1はそうしたピット作業をファンが間近で観られるのも一つの魅力ですね。そして、
表彰式でのTONEベストメインテナンスチーム表彰もファンには
恒例となりました。

9

この開幕戦では、私がプロモーションキャラクターをつとめる世界的なドローンメーカーDJIに、
齊藤選手と日比野選手に密着頂き、D1GPのPVを製作頂きました。
また、クルマ系の有名YouTuber3チームに、D1GPを初取材頂き、日比野選手へのインタビューなどで
ドリフト競技やD1をご存じない方への情報発信を行いました。

10

11

さて、開幕戦の熱が冷めやらぬうち、7月27日,28日には北海道十勝スピードウェイで
Rd.3、Rd.4が開催されます。
TONEモタスポ応援隊長としては、横井選手、日比野選手、斎藤選手がまた追走のベスト4や
決勝戦で激突することを願っています。
そして、今シーズンを通して、この3選手に注目して行きたいと思っています。

12

TONEモタスポ応援隊長
塚本奈々美

http://nana-jkb.com/

カタログ:最新カタログ

メインコンテンツに戻る

Copyright © TONE CO., LTD.