TONE株式会社

MENU

HOME > トピックス > モタスポ応援隊長 鈴鹿8耐編

トピックス 一覧に戻る

8月6日会社情報

モタスポ応援隊長 鈴鹿8耐編

<*モタスポ応援隊長 鈴鹿8耐編*>

TONEモタスポ応援隊長の塚本奈々美です。

1

世界耐久選手権シリーズ最終戦となる鈴鹿8時間耐久レースが7月28日鈴鹿サーキットで開催され、 TONE RT SYNCEDGE 4413がSST(スーパーストック)クラスで見事優勝を果たしました。

2

このスーパーストッククラスは、タイヤを容易に交換できるシステムを車両に加工する事が出来ず、 市販状態のままタイヤ交換を行わなくてはなりません。
耐久レースを戦う上で、如何にピット作業を速く、ミスなく完了出来るか否かが大きな差となります。
そのピットワークをスムーズに行う為に開発され、昨年より更にパワーアップしたTONE工具を使用し、本番に向けてチームのメカスタッフは何度もタイヤ交換・給油の流れを確認し、ピットワーク練習を繰り返して来ました。私は7月9日、10日の公式練習に出向き、こうしたチームとTONEの努力を視察させて頂いていましたので、今回の優勝という結果により強く感動致しました。

3

ライダーはベテランの星野知也選手を軸に、若手の渥美心選手、石塚健選手の3人。
予選の3人のベストタイム平均は2’09.908で総合18位、SSTクラスポールタイムに僅か0.3秒差の2位で決勝レースを戦う事になりました。

4

前後タイヤ交換&給油のピットワーク作業時間はSSTクラス参戦チームの中ではずば抜けて速いTONE RT SYNCEDGE 4413、
それに対抗する為にSSTクラスに参戦するライバルチームたちは毎回タイヤ交換を行わず給油のみにする等、 様々な作戦を考えていると想定されました。一方、TONE RT SYNCEDGE 4413は、レースタイムを落とさないよう毎回前後のタイヤ交換を行う為に僅差の戦いになる可能性が高い、そこでSSTクラス優勝を勝ち取る為あらゆる準備をして決勝レースに挑みました。

5

そして迎えた決勝レース、経験豊富な星野選手も、スタートライダーを務めてさすがに緊張されたそうですがうまくスタートを切り、クラストップ(総合18位)で22周目にピットイン。前後タイヤ交換と給油を行い石塚選手、渥美選手とつなぎ、3サティントまでクラストップ(総合20位)で再び星野選手と交代。

6

その後も灼熱のドライコンディションの中、各車のピットイン・アウトのタイミングで順位が入れ替わるという展開。
想定した通りライバルチームはタイヤ交換を引っ張ってピットストップの時間を短くする作戦を取り、TONE RT SYNCEDGE 4413
は毎回前後のタイヤ交換と給油を行う為、なかなかマージンを築く事が容易ではない状況となっていました。

7

しかし、終盤戦にピットワークが冴えを見せます。188周目のピットストップでは安全なマージンを得る為にリアタイヤのみ交換&給油とし、星野選手が最後の走行へ挑みました。
レースは赤旗が出て8時間経過する前に終了となりましたが、TONE RT SYNCEDGE 4413は4回目の鈴鹿8時間耐久レース挑戦で、ついにSSTクラス優勝を成し遂げる事ができました。

8

チームの要望に応えて高いパフォーマンスを見せたライダー、正確なピットワークでライダーを支えたメカニック、ライダー&チームをサポートするスタッフ、そして完璧なレースマネージメント、全てが一丸となって戦った結果がSSTクラス優勝という形となりました。

9

山下 祐監督コメント:
「チームをサポートしてくださっているTONEさん始め、全ての方々に心より御礼申し上げます。
チームとして鈴鹿8耐に参戦を初めて4年目、ようやくクラス優勝を成し遂げることができました。
1年に一回限りの世界で最も過酷なこのレースを戦うためには、速さだけでなく強さが必要です。 今回の勝利を足がかりに、さらに強いチームとなれるよう歩みを進めてまいりますので、引き続きご支援のほどよろしくお願いします!!」

10

高村嘉寿チーフメカニックコメント:
「TONEさんにスペシャルツールを作って頂きピットワークタイムも安定、常に速さを意識して、最終的に100秒前後のアドバンテージで勝つことが出来ました。
ライダーの力、マシンの力、メカニックの力、チームの力で、この100秒を常にコントロールするレース運びができました。本当にチームとチームに関わっている皆で取った勝利 だと思っています。 ありがとうございました!」

11

さて、こうして TONE RT SYNCEDGE 4413が灼熱の鈴鹿で8耐を制したのと同じ日、遥か北の大地、北海道ではD1GPラウンド3&4が十勝サーキットで開催され、TONEがサポートする(写真左から)齋藤太吾選手、D-MAX横井昌志選手、山口孝二選手、日比野哲也選手全員が見事単走予選を突破して追走決勝で激走、北海道のファンを大いに沸かせました。

12

そして同じく北海道にて、私塚本奈々美もTGRラリーチャレンジ石狩大会に出場、前回出場大会(渋川)からの連続優勝は成りませんでしたが、3位入賞を遂げました。

13

こうして今回は同じ日に鈴鹿(8耐)、十勝(D1)、石狩(TGRラリー)でTONEのロゴが躍動し、TONEモタスポ応援隊長としてすごく誇らしさを感じました。
TONEモタスポファミリーの今季の活動はまだまだ続きますので、皆様のご声援、宜しくお願い致します。

TONEモタスポ応援隊長
塚本奈々美

http://nana-jkb.com/

カタログ:最新カタログ

メインコンテンツに戻る

Copyright © TONE CO., LTD.